メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引っ越してきました

Kindle Previewer v3

 久しぶりにKDPの話でも書く。札束で頬を叩かれて東京で仕事してたので今年はまだ一冊も作っていない。ただ、お金はそこそこ稼げたので、まずノートパソコンを新調してすこしデカめかつ精細な画面で作業できるようにした(2017/01)。そして今までPreviewerはv2の方をつかっていたが、環境を変えたので新しくv3の方を入れてみた。まだ使ってなかったのだが、今回 Amazon クオリティの方から既刊に差し障りがあるので直せとのお達しなので、修正の確認のために Previewer v3の出番がやってきたというわけだ。

 前よりもエミュレータっぽい感じになっているのはいいが、裏でやってる処理のログが見えなくなったのは不満。v2はopfのファイル名に時間をつけた名前を勝手につけてmobiファイルを保存していたが、それがなくなって、ファイル名を指定してエクスポートするようになった。ここはいいのかもしれないが前のように生成時間つきで勝手に保存するような設定もつけてほしい。バージョンがわかりやすい。あと解せないのが一度エクスポートした mobi ファイルを開こうとするとまた変換すること。最近はやたらデカい本をつくっているのでそういうのをやられると確認するだけで時間がかかる。うーむむ。ま、こんな重い本をつくる方がわるいのか。