メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引越 / 君見ずや出版

YOTA3 (YotaPhone3) ・海信(ハイセンス)の Hisense A2 pro の動画

 Yota3 のおかげで 海信(ハイセンス) の Hisense A2 pro も好評裡に発売をむかえたようで、なんでも国産化しようとする中国のパクり・乗っ取り精神とロシアへの配慮がこういう形になったのかもしれないが、今中国がロシアのご機嫌を損ねてもろくなことはないのでそういうわけでもないかもしれない。単にYota側が注目を浴びるわりに動きが遅いので海信が先手を打てただけか。

 ビリビリ動画にYOTA3 (YotaPhone3)の紹介動画があがっていた。残念ながら流通量がすくないのでユーザによる動画がないのだが、珍しいので紹介する。

「科技美学直播」双屏手机 YotaPhone 3 开箱上手 | 哔哩哔哩

 日本のこの手の動画・ブログでいうところの「開封の儀」というやつだが、アプリてんこもりのあたりは日本のスマホを想起させる。しがらみが多いとこうなるのか。ちなみに百度の掲示板などみていると、自分が「最近の日本企業のような」と表現するところを中国では「中国式指導力」みたいな表現をしていたので、硬直化した組織の問題はどこでも同じなのだろう。肝心の電子ペーパー面だが、YotaPhone2 でいうところの YotaHub 相当の背面管理アプリとそのウィジェット類は動くようだ。だから時計や天気予報を表示させておくことはできる。それから中国の読書アプリの他のアプリとしては、微信(WeChat)も動くらしい。

inudaisho.hatenablog.com

 この記事では少ない情報で「失敗作」と断じたが、まぁ読書にコンセプトを絞ったということでわからなくもない。このYOTA3は中国市場向けなので、そのうちでる中国以外向けの YotaPhone3 はまた違う様相を呈するかもしれない。それにこういうのはハードの制限ではなく、ソフトの方で勝手に制限しているだけなので、今後のアップデート次第で市場・顧客の不満を吸収して他のアプリも使えるようになるかもしれない。かもしれないを並べておいたが今のままでは失敗作なのはまちがいない。

Hisense A2 Pro

 さて中国家電大手のハイセンス(海信)が出してきたHisense A2 Pro だがこちらはユーザがさっそく百度の掲示板に動画をアップしてた。

海信a2pro吧-百度贴吧 百度貼吧のHisenseA2Pro板

 それからこれもビリビリ動画にあがっている販売員による紹介動画。

[UD数码网出品]海信墨水屏A2 Pro上手 | 哔哩哔哩

 今日から中国は国慶節の連休なので動画をアップする人も増えるだろう。

YOTAPHONE 2 (YD201) LTE, 32GB,SIMフリー Black [並行輸入品]

YOTAPHONE 2 (YD201) LTE, 32GB,SIMフリー Black [並行輸入品]

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト