メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引越 / 君見ずや出版

ルノー ウルトラライト7 の都会での具合

 さてしばらく東京にいたのだがその間の ルノー ウルトラライト7 の使い勝手をまとめておく

f:id:inudaisho:20171011064113j:plain
御徒町の改札外にて撮影

電車

 この自転車、百均の袋にいれても結構でかいので満員の通勤列車にもちこんだら大変だろうと予想はしていた。ただ電車の存在が確認できない山奥にいたのでそのへんは確かめようがなかったのだが、今回東京に来たのでそのへんを実体験することができた。今回は最近ガチの中国料理屋が続々出来ているという西川口に宿をとって東京方面まで行っていた。西川口といえば京浜東北線になる。その昔はこれもギューギューだったが、上野東京ラインができてガラガラだった高崎線が逆に混むようになり、そのおかげで京浜東北線の方は満員が緩和されてちょっと空き気味になっている。そういうところだと車内へ持ちこむのにそれほど問題はなかった。邪魔かとおもったが、股下におさまる程度の大きさなので、ちょっとした鞄をもっているだけで股下+その鞄の下の空間におさまる。おもったほど困ったことにはならなかった。たぶん通勤で毎日運ぶのもできるとはおもう。

 ただし早い時間・遅い時間にしかのってないのでピーク時のおしくら饅頭してる状態だとどうなのかはわからん。たぶん車内に持ちこみづらいとはおもう。まぁしかし胴体に隙間がなくても足には隙間があるものだ。今回混んでたのは都内から羽田空港への移動のときで、時間がなかったので電車にのったが最初は混んでいた。まぁなんとかなった。

 問題はこれを毎日持って駅構内を移動できるかどうかというところで、その場合はコロコロをつけるなど工夫が必要だとおもう。体力がありあまっているなら問題ないだろう。よい運動になる。

飛行機

 飛行機だが全日空(ANA)の場合機内持込はできない。預けることになるが、輪行袋の中に緩衝材がわりに適当になんかつめても 10kg まで行かないので他に大きい荷物がないのなら問題ない。自転車は手で運ばれてでてくるので別扱いなのだとおもう。ただ、壊れてもしかたない旨説明されて署名させられる。

都内中心部(平地部)

 都内中心部というか、上野・日本橋あたりの平野部でつかったので自転車には最適であった。山手線の西側だと坂が多いのでどうなるかわからん。あと西川口も中国料理屋を探検するために自転車でブラブラしたがこれもかなりよい具合に使えた。たためばちょっとでかい鞄程度の大きさなので駐輪場所にも困らない。都会で生活するなら便利に使えそうだ。

 まぁしかし今回忙しくてあまりブラブラできなかったのでフルには使えていない。夜遅くブラブラすることになるがあまり時間とれないので西川口もちょっと見てまわっただけになる。こういう仕事のときはそもそも持ってくるだけ無駄かもなぁ...