メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引越 / 君見ずや出版

淘宝 (タオバオ) で Boox Max2 をポチってみた

f:id:inudaisho:20171118140648p:plain
淘宝(タオバオ)で Boox Max2 を検索したところ

 先週の双11節のときは淘宝(taobao タオバオ)にうまくログインできなかったのだが、今週の週末はせっかく鳥取にいるのにまた雨でどこにもいけないのでためしにFirefoxで淘宝にログインしてみたところあっさりとできた。それでついつい魔がさして4980元(約8.4万 2017/11/18)もする Boox Max2 をついついポチってしまった。為替レートの変動が最近激しいので買うにしてももうすこし待ったら数千円安く買えそうな気もするが、飛行機で行く事を考えたらましかもしれない。最近旅費交通費の立替払がつづいて、結構な額の金を払うことに躊躇しなくなってしまった。よくない。

 見てのとおり店も何種類かあり、Onyx公式で買ってもよかったのだが、ついついオマケのいっぱいある曼尼金にしてしまった。オマケがいっぱいあると配送のときにオマケの包装がちょうどいい緩衝材となって、中国の劣悪な配送環境で壊れにくくなることが期待できるからだ。しかしこういう高額商品は信用第一でOnyx公式で買って文石科技に直接貢いだ方がよかったかもしれない。曼尼金は南京なので若干内陸であり、工場などたくさんあって外人に触れる機会はなくはないというものの、単なる販売業者であるからテレビで毎日やってる抗日ドラマに感化されるような純朴な青年が働いていないともかぎらない。まぁ中国という国は何をやってもガチャを回しているような感じのある国だから、ポチってしまった以上はうまく行くことを祈るしかない。

 実は淘宝本体で買い物したのは初めてである。海外向けの AliExpress で YotaPhone2 の保護材一式を買ったことがある。そのときはガラスが反対に加工されたハズレを掴まされた。深圳の業者だった。まぁ半端モノを扱う小さな業者だろうからそういうこともあるかもしれない。今回は天猫Tmall に出品しているところだからもうすこしマシな対応もあることを期待した。

 決済にはクレジットカード(VISA)をつかった。支付宝はいつのまにかpaypalみたいな感じに進化していた。支付宝の表示では5129.4元(約8.7万円)払うということになっていた。149.4元の上乗せだ。(2017/11/26追記 この149.4元はクレカ利用手数料3%ということだ)うーむむ。海外への輸送は広東省にある倉庫に一度集めてから改めて輸送費を取るという二階建になっているようだ。そこへ匿名で送るということになっているようなので、上で心配したような抗日ドラマにかぶれた青年の被害からは逃れられるかもしれない。しかし輸送費をそこでとるということならまた加算されるわけでどれくらいになるのか気になるところではある。

 ということでポチってから泥縄式に送料について調べてみたが、結構するようだがそれはそれとして、今回のように一個だけ送るというのが一番金がかかるようだ。こんな風に一個だけ買うよりは輸入業者を通した方がマシなものを買えるかもしれない。

 どうなるか乞御期待というところだが、次回の発送が25日らしい。わざわざ今日ポチらずともよかったか。

f:id:inudaisho:20171118145926j:plain

 全然関係ないが鳥取は今蟹のシーズンでこのとおりスーパーにも蟹が並んでいる。調理するところがないので買うことはないが。