メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引越 / 君見ずや出版

吉田寮の退去期限と古建築の維持

 吉田寮の退去期限が話題になっているが、自分は寮側を支持しない。目の前に新棟が建てられたとき、それがいきなりできたものでそれまでの議論になかったとはいっても、受けいれたのなら、古い方は捨ててしまえばよかったのだ。ハコが大事なのか自治が大事なのか、そこを今の吉田寮は見あやまっている。ハコが大事ならどうして新棟を受けいれたのかそこから詰めないといけない。大学が勝手にやったと言いはるなら古いハコにたてこもって、新しいハコは受けいれなければよかっただけなのだ。大学が勝手に作った新棟はもらうが今までの古い棟は捨てないというわがままなことやってた結果、両方からの退去通告を招いたのだから自分は支持はしない。

 吉田寮を守りたいとか言ってる奴も自治を守りたいのかハコを守りたいのかはっきりしない。両方と言いたいのかもしれないが、古い建物というのは新しい建物よりもカネがかかるんだよ。それに、ハコが大事なら大事で、住んでる人間が建物を常にメンテしていかないといけないのに、最近は掃除もろくにできていないとみえてヨッピーのメルカリ宣伝記事のネタにされている。

 これは昔うちが酒蔵をやってたときの土蔵だが、こないだの台風21号で屋根がめくれてしまった。

f:id:inudaisho:20180907153024j:plain
台風21号のうちの被害

 酒蔵の土蔵というのは昔の工場建築なだけだが、今はほぼ使っておらず、崩れるままに放置していたがついにこんなことになってしまった。このめくれた屋根は建て増し部分の屋根なのだが、まっすぐめくれたわけではなく一度浮いたのが落ちただけなのでズレて本体の土蔵にもかかってしまっている。共倒れになるよりはマシと、ひっかかっていたのを叩いて屋根を落としたらその後の雨でこうなった。

f:id:inudaisho:20181003113748j:plain

 単なる土蔵の土壁に雨がどんどんかかるとこうなる。酒蔵の建物だけあってしっかり建ててあるのだが、今のわが家にはこれを維持するカネもないし必要もない。中身もすこしづつ燃やしたり捨てたりして今は何もない。将来カネができたら書庫に改造しようかなとすこし思っていたが、そういうことも無理になったわけだ。だからもうこの後は崩すか崩れるかしかなく、崩れたらすこしづつ掃除していくしかない。

 ちなみに本体の方も台風の風で内側から押されたせいか、その後こうなった。

f:id:inudaisho:20181003115207j:plain

 うちの親は50年くらい前に横から酒蔵を継いで事業継続不能と判断してすぐに廃業したのだが、そのころには結構ボロボロになっていたらしく、そのときあちこち修理したまま今まで放置していたのが今年の雨と台風でこうなった。ろくに保守できずしていないからこうなったのだが一番の理由はカネがなかったことに尽きる。

 吉田寮の話に戻ると、自分が寮に入ったのは、家にカネがなかったからというのもあるが、自分のこのボロい家が気にいっていたから木造のボロいところがよくて選んだというのもある。安い上に雰囲気あって最高! そのころは90年代前半で、建物を維持するというより建替えを要求する話が多かった。ということで自分が文化部の出してる媒体に「寮の自治には値打ちがないが建物には値打ちがある」みたいなことを書いたのは珍しい意見だったつもりだ。その後なぜかその方向の動きが強くなって2000年代の頭には掃除をきちんとすることになっていたはずだが.... その後は知らない。

 だいたい吉田寮生は安いカネで住んでるせいか、寮の建物にもカネがかかっているという意識が薄い。1998年頃にアノさんに言われるがままに最初の有線LANを文化部室と北寮の数室に設置し、そこから事業的に全寮規模のLANに育てたのは自分だが、そのときはカネを集めてLANケーブルやハブを買い、プールしたカネで機材の更新や契約などしていた。そういうことをしていた人間からすると、来訪者にLANの無料開放とかとんでもない、タダ乗りできるだろとおもうのだが、無料開放していたらしい。どういうつもりなのかわからんな。

 自分が問題に思うのは寮の名前を利用している連中がいることだ。具体的には寮食堂で演劇してたような連中だが、こいつらは寮の自治と直接関係がない。寮食堂をハコとして利用していただけだ。大学の名前だけでも一種のブランド的なものがあるところにさらにハコへの執着が強まったのは2000年代半ば以降に吉田寮サブカル文脈で消費されるようになってからだとおもう。ハコが何であるに関わらず、寮生活というのはおもしろい、そういうものであったはずだが、なぜか寮の建物がちやほやされるようになった。こういう外からの目線での評価はよくない。吉田寮がその本体の真面目に大学行ったりなにかに没頭してたりする学生だけではなく、その周辺の勘違いした連中で代表されてしまう。

 ここまでこんな風に書いたが、吉田寮自治とこの建物の関わりは結構深いもので、

 「序にかえて――京都大学における廃寮問題の概要」 - 吉田寮公式サイト

 ここにリンクしたのは80年代の在寮期限関係の資料集の序文だが、そこに1968年から自主入寮選考がおこなわれるようになったとある。実は1960年代にも吉田寮を潰す話があり、その代替としてできたのが熊野寮(1965年)である。昔調べて詳しいことは忘れたが、そのときも吉田寮生の扱いでゴタゴタして結局寮を移動しなかった隙に中核派熊野寮の一室を占拠したというはずなので、それから三年くらいはゴタゴタしたあげく自主入寮選考ということになるから、この建物に執着して形式上も自主入寮選考になったといことになる。このときは学園紛争とかやってたころなので今や80年代の在寮期限とはまた状況が違うだろう。

 まぁそれはともかく、ろくに管理もできない古い建物に執着するよりとっとと新棟に移動してればよかったのに、というのが感想。大学の掌の上で自治ごっこしてるだけなのに、自治とハコを天秤にかけられたとき、自治を取らずハコを取った結果がこれだろ。今回その昔駒場寮が撤去されたときのように強制執行されるかどうかは知らないが、そうなったらそうなったで映像がネットに流れるだろうからそのときは今の吉田寮幹部のアホ面を拝むとしよう。

↓こういうのは本来吉田寮と全然関係ないのに結びつけられるの本当に害悪

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)