メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場 /201706以前の記事ははてなの仕様で文字化けなど不都合が多く修正作業中です

今回の平岡龍城調査はここまで

 さて三月の上旬は平岡龍城の生没年調査に費してみたが結局ほとんどわからなかった。
 平岡龍城の本名だが、森中美樹の調査では「平岡十太郎」ということで、その根拠である選挙人名簿抄本も見てきたが確かに十太郎とあった。抄本というから手書きの冊子とおもっていたら活字で印刷された小冊子だった。その後、自分も『中国文学』83号支那語界回顧と展望 で平岡十太郎の名前で言及されているのも見付けたが、「十太郎」ではそれ以上の成果はない。
 さて平岡龍城の違う名前がのっている名簿をみつけたのが今回の新成果といえるもの。この名簿はほぼ毎年出されていたものだが公開されている図書館の所蔵としては熊本と東京に分かれている。熊本にある分は全部スマホで写真をとり、東京にある分は目を通してきた。名簿というのは人脈の宝庫なのだがここから人脈を掘り出せるところまではいかなかった。というのもこの名簿を出している会には毎年二回会合があるのだが某雑誌にのっている出席者一覧を追ってみたところほとんど出席していないことがわかった。出席を確認したのは晩年の一回だけ。そしてこの名簿に名前がのりだすのも東京で『標註訓訳水滸伝』を出した後である。詳しく書かないが標註訓訳水滸伝の出版情報からすればまったく関係ないわけはないのでなぜ平岡がそこまでまったく痕跡をのこしていないのかがわからない。
 ちなみにその名簿には住所がのっているので平岡龍城の東京の住所の変遷もほぼ押さえることができた。名簿は全部残っているわけではなく欠落があるので没年がわからないのが残念だがある程度の範囲に絞ることができる。大正の初期は芝区で、大正の中頃から最後までいたとおもわれるのは新宿副都心の南のワシントンホテルのあるあたりだが、このあたりは東京大空襲で焼けている。しかしこの方面からはあまり情報をひきだせなかった。代々木にある善隣書院の宮島大八の家には歩いていける距離であり、日華大辞典の共著者は善隣書院に縁の深い人間で固まっているので何か関係があるかもしれないと考え、今そこにある善隣書院を尋ねてみたが、ここからも何も情報を引き出せなかった。善隣書院自体は当時麹町にあって東京大空襲でも焼け残ったのだが、そのために関係被災者の宿舎と化し、書類の類は風呂の焚き付けとして消えていき、今となっては昔のことが全然わからなくなってしまったらしい。さすが中国関係だけあって永楽大典の消滅を再現しているようである。善隣書院の卒業生は満洲国で活躍していたりするので戦後、軍が書類をほとんど燃やしてしまったようなことがあったのかと思ったのだがそうではないということだった。もう終戦処理をした当事者はおらずその子の世代が老人になっているような時代なのでそう聞いたとしか書きようがない。
 『日華大辞典』のパトロンの方向からも攻めたのだが、こっちは孫と連絡がついた。満洲朝鮮に資産をもっていた家だが戦後もがんばっていたので人事興信録などでパトロンの子が追えたのだった。パトロン氏が昭和恐慌期に倒れた後、東大卒業したかしないかくらいのパトロンの子が事業をひきついでいたので日華大辞典についても詳しく知っている筈で、没年がわからないのでまだ生きている可能性に賭けていたが、なんと20年前に死んでいるということだった。パトロンの孫ももう70代だが何分生まれる前のことなので小耳に挟んだ程度の知識しかなく、植民地資産を失ったりしているので昔の資料もあまりないということだった。ただし話に興味はもってもらえたようで調べてみるということだった。でも20年前に記録とかは整理してしまってるんだろうなきっと。

 東洋文化学会とか大東文化協会に関係していたある人物が某政治家宛てに平岡を紹介している書簡をみつけたが、その中である人物を平岡の門人として併記している。この人物もまったくの無名人というのではなく、ある有名人の弟だった。こっちは話がふくらめばおもしろそうだがまだ手をつけないうちに終わった。平岡龍城についてはとにかく絞りやすい情報がない。出てくる名前がビッグネームばかりなのだが、ビッグネームの個人的友人というのではなさそうなのが困る。石光真清のような諜報の世界に生きる人間だったのか、あるいはだれかの調査要員とかブレーンみたいなものだったのか。石光真清的存在だったとしても軍人ではなかったのだろう。防衛省防衛研究所史料閲覧所でもさがしてみたけどわからんかった。士官学校や陸軍大学でも教授した痕跡は見いだせなかった。士官学校については「歴史」という名前の大事記があり陸軍大学では卒業式の記録がありその方向から誰が教えていたか押さえることができるが名前はでてこない。わからん。
 まぁまたなにかの機会に調べることとする。

平岡龍城の『日華大辞典』のパトロン

 平岡龍城晩年の仕事の『日華大辞典』だが、パトロンがわかった。満洲かせいだ実業家が金を出していた。『日華大辞典』を推薦していた大物たちは平岡龍城を応援していたわけではなく、そのほとんどはこの実業家の関係なんだろう。福岡出身の満洲の実業家だから黒龍会とか玄洋社のつながりがあっても当然。日華大辞典の評価や広告が数点しかみつからなかったのだが、この実業家で探せばすこしはでてきた。しかし、病気で倒れてもこの辞典の仕事だけは援助しつづけて完成までこぎつけたということでそういう形で評価されてるのしかみつからない。『日華大辞典』を出したタイミングも事業の失敗と連動しているようにもみえる。なるほどこれは情報のこらんわ。しかも平岡龍城についても、専門外の人からそういう投機的な評価をされていたということでその成果のほどがあやしくなってくる。(土建屋のおやじが先生先生と言ってるような感じだと言えばわかりやすいか)

 平岡龍城は熊本出身らしいのだが、熊本が明治前期の大陸浪人の主要産地であることもわかってきた。日清戦争のときには遼東山東半島方面での戦争は前提としておらず、戦線が拡大してはじめて通訳を調達することになり、あわてて北京語/華北方言のできるやつをかきあつめ、それでも足らずに熊本に養成所をつくって急ごしらえしていた。熊本にはその前に日本では数少ない中国語教育の拠点があり、大陸に雄飛していたので作りやすかったようだ。その早期大陸浪人人脈や陸軍通訳人脈がのちの東亜同文会につながる。ということだが、なぜかその人脈の中に平岡龍城の名が見えない。北清事変の前後の北京在住日本人の集まりの中にも名前がみつからない。何者なんだ本当に。
 ただし偽名とかではなく確実に存在した人だということはわかっていてその資料をもうすこし集めたらなんとか尻尾がつかめるような気がしている。ということでそのうちまた熊本とか東京に行くだろう。

 ところで中国語中国語と書いているがこれは便宜的に書いてるだけで清末期にはそういう標準語的なものだけでも北京官話と南京官話の二系統があり、中華民国時期はどういったものを標準語とするかがなかなか決まらなかった。ペキンとかナンキンとか言ってるのは南京官話が主要な貿易用語だったころの名残。

熊本まで平岡龍城の手掛かりを探しに行った

 別府温泉に行きたかったのだが、別府温泉にだけ行くのは何なので、ついでに平岡龍城の出身地の熊本まで行ってみることにした。しかし熊本行きのバスに乗る直前になって、親戚が死んだことがわかり、その葬式に出るためにとんぼがえりすることになった。もっとも行きのバスの中で別府に行く余地がないか真剣に探したのだが、行くとすると初日の最終の熊本発大分行きのバスにのって野湯で朝まですごし、翌早朝別府を出発しないと間にあわない。身体的に無理だしそもそも初日の17時にはバスに乗る準備をしていないといけないので調査的にも無理だった。ということで熊本で一泊せずそのままバスで往復して今朝帰ってきた。
 まず県立図書館に行ったのだが、震災の影響でまだ上層階に入れない。一階はほとんどが児童向けのエリアで、その片隅の狭い部屋で司書に本を出してもらうという状態だった。もっとも最初県立図書館併設の文学館に行ってみて聞いたところ、学芸員らしい人がでてきて平岡龍城については存在すら知らないということだったが、親切に熊本の明治初期の教育の状態について教えてくれて、明治初期に熊本にあった「洋学校」関係の明治5・6年ごろの書類が綴じてあるものの覆刻物をもってきてくれた。まぁ残念ながらその中に平岡姓の人間は発見できず徳富猪一郎が一ヶ月で退学させられたときの記録くらいしかおもしろいのはみつからなかった。その本を出すときになって県立図書館の狭い部屋につれてかれた。まぁその学芸員の人は奥にいったまま帰ってこないので、他にいろいろ本を出してみたものの、目標がはっきりしていないのだからこういう調べ方はあまり効率的ではない。ということで、最初聞いたことから敷衍していろいろ調べたネタがつきて午後になったところで市立図書館に行ってみた。県立図書館と市立図書館はそれほど遠くないところにあることは行く前に調べていた。
 市立図書館には郷土資料のエリアがあったので棚にならんでいるものを適当に見れる。ここで一つどうでもよさそうなものをみつけてとりあえずそれを成果として帰ってきたのだが、あてにせずにそれで検索してみるといろいろ手掛かりになりそうなものがみつかってきた。まぁ熊本まで行ったのは無駄ではなかったようだ。ということでこれからこの件についてははっきりわかるまで曖昧に書くことにする。

平岡龍城について追加でわかったこと。


(画像の出典:アジ歴の日華大辞典寄贈の件添付の本文画像)
 平岡龍城についてしばらく国会図書館で探ってみたがなかなか手掛かりがみつからない。人脈的には東京の「支那語の先生」の中心に近いところにいたようだがよくわからん。読売新聞に標柱訓訳水滸伝の紹介がでていたが、そこでは

著譯者は支那小説の研究者として夙に専門家の間に嘖々の好評のある人なり

と紹介されていたが大正初期の専門家とはどういう人たちだったのか。水滸伝紅楼夢が当時は中国古典口語小説の二大高峰とされていたようで、平岡龍城はそれを攻略したわけだからそりゃもう只者ではないのは確かだが、しかし「支那語の先生」の枠を越えられなかったような風があるのは国訳漢文大成をみればわかるだろう。ほとんど独力でやったとされる訳業の紅楼夢露伴の名が横に置かれ、先に標柱訓訳を出した水滸伝に至っては露伴に全部持っていかれている。紅楼夢研究者で国訳紅楼夢を詳細にしらべた森中美樹によれば、平岡龍城の国訳紅楼夢は名訳という評判であるが実のところ文語調と口語調のバランスがとれてない悪文で一に平岡龍城の日本語に問題があったという。まぁ大正というのは現代につながる日本語口語調の文章が成立する時代なので明治人であるとおもわれる平岡龍城がそういう文章を書けない人だったというだけの話だが、口語の意味を見事にたくみに写しとっていても全体として文章のバランスがとれていないのは読み物として問題のあるところで、そこまでの人ということだったんだろう。
国訳漢文大成11巻 塩谷温の鶴田英男追悼文
 ここには国訳漢文大成のおそらく文学部第二輯(このリンク先でいうところの11巻-20巻)のために集まった塩谷温・宮原民平・平岡龍城の三人が分担を決めたが、平岡一人がそれを全うできず露伴に助けてもらったところが見える。とはいっても紅楼夢はそれまで語学教材として使われることはあっても翻訳対象としては前人未踏だったわけで、平岡も綿密には読んではおらずこの仕事で着手したところ大長編なのでおっつかなかったというところか。なにせ11-20巻の中の10巻のうち6巻が紅楼夢水滸伝なのだから他の二人が小品をすこしづつやっつけていけたのに比べて分量過大だったのはわかる。
 平岡は大正後期から日華大辞典にとりくんだわけだが、大正のころは大学を出た研究者みたいな存在がまだまだ少なかったのだが昭和になると大学で研究者が続々培養されるようになって、平岡龍城的存在は時代遅れになってしまったようだ。「中国文学月報」(昭和10-15年/1935-1940)「中国文学」(昭和15-18年/1940-1943/戦後再開された分は含めず)という新進気鋭の少壮学者たちによる同人誌的雑誌があったがそこでは魯迅などの同時代作家があつかわれるようになり、「紅楼夢の翻訳を出さねばならぬ」とか言ってた時代とは隔世の感がある。そのサークルの中では語学教師連は「支那語の先生」として半分揶揄気味に扱われていたようだ。しかし太平洋戦争がはじまってからこの雑誌も時代の変化を被って第83号ではその支那語の先生の長老的存在の回想の特集をくむほどになった。この第83号が戦前の中国語教育界隈のことを知るためには第一に読むべき資料となっているのは皮肉なことである。その名も特輯「日本と支那語支那語界回顧と展望、である。
 ちなみにこの号でも平岡龍城のことはすこし名前が挙げられているだけだがそこからわかることもある。

明治の後半はまた支那留学生の最隆盛期で、彼等が日本語を學ぶための書籍も相當に行はれ、繁師の數も少くはなかったのであるが、當時これと支那語研究とを協力させるだけの親密性がなく、日本語繁師も時には通譯を介して授業するといふ狀況で、言葉に對する關心は極めて薄弱であった。たゞその頃から石山福治、井上翠、服部操、平岡十太郎の諸氏があって、後年よく巨大な辭典を完成されたのは、内容の仔細は別として、とにかく喜ばしい事柄であった。後年の學徒に缺けてゐるものは一つにはこの粘りであらう。

 つまり辞書作成者として名は挙げられているものの、その最後尾、しかも号ではなく名前で挙げられ、さらには「内容の仔細は別として」と全然褒めていない。平岡龍城が平生は十太郎を表に出して活動していたのかもしれないが、夏目漱石の小説について語るときにわざわざ夏目金之助と書いてるようなもので、まぁつまりは低く扱っているんだろう。しかしこの雑誌に集まった人たちは戦後には中国文学界隈の大先生になっていく人たちが多く、彼等からみれば芥川龍之介でさえ「古典」扱いしているのだから奇怪な訓読を残した人達など談ずる対象でもないのかもしれない。
 しかし紅楼夢の訳業が後世まったく無視されたのかといえばそんなことはなく、岩波文庫の松枝茂夫も平凡社中国古典文学体系の伊藤漱平もその初訳に於てはこれを参考にしたことをちゃんと書きそえている。紅楼夢のことはよくわからんが辞書的につかったんだろうか。もっとも松枝茂夫などは露伴に挨拶に行ってたらしい。中国文学を研究する人の中では先駆的すぎたこと、文学の研究というよりは注釈を中心にしていることつまり江戸後期以来の語学教材的研究に留まっていること、支那語の先生的枠を飛びこえられず、特に後半生は辞書作成に人生を捧げてしまったために「支那語の先生」的存在の中に埋もれてしまったことなどが原因なんだろう。

 中国というのは今でも変化が速すぎてちょっとついていけない面もあり、そういうところがまぁおもしろいといえばおもしろいのだが、その点については当時もそうで、戦後になると今度は共産中国の成立となり、戦前とは全く風景がかわってしまう。平岡龍城についてもどうも戦争中に死んだっぽいのだがますます手掛かりがつかめなくなってしまう。うーむむ。日華大辞典の賛助者や関連情報をみているとやはり玄洋社黒龍会人脈とズブズブなのではないかという気がしてくるのでそっち方面も掘っていけばなにかわかるかもしれん。平岡浩太郎の係累だとすればズブズブどころか真っ黒なわけだがそのせいで戦後触れられなかったのかもしれない。まぁこれらは手掛かりを探してる最中の推測なのでまったくあてがはずれている可能性もある。

昼間に国会図書館に行く

 さて土日と図書館に行って読めなかった本を、月曜の白昼堂々と昼休みを長めにとって行って読んだのだが、結果的には平岡龍城についてはよくわからなかった。都立中央で読めなかった本についていうと平岡龍城のことは言及程度にとどまっていたが人脈についてはある程度みえてきた。森中美樹「平岡龍城書入本と『国訳紅楼夢』(上)」『中国学研究論集21』2008によると、本名十太郎ということがわかっている。これの根拠のひとつは書入本にある「J.Hiraoca」という書き込みだが、その他の根拠は日華大辞典の奥付の住所から選挙人名簿で探して十太郎にたどりつくというもので、特に珍しい資料で探したわけでもなかったのでそのあたりは残念だった。というか平岡龍城について探っている中で目についた人たちも大学で教えたりしてたにもかかわらず結構生没不詳であるらしい。戦前の中国語教育関係者は陸軍との結び付きが深かったせいで戦後不遇であったり、いないことにされたりしているうちに記録や記憶が消滅したんだろうか。さすがに墓とかはあるはずだから人脈で探っていけば芋蔓式にみつかるとは思う。