メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

調査を続けて遂に火元に到達した模様

 さて、あちこち図書館に行って調べたりしているのだが、京都の北の丹波地方に流布している江戸~明治期に作られた偽文書の中でどうも無駄に「野尻」家が持ち上げられている節があり、おかしいなとおもって興味本位で調べていたのがはじめである。ところが、すぐにそれが興味本位どころでないことがわかった。実際に誰かがうちの蔵に忍びこんで系図類を盗み出していたのだ。幾多の偽文書に埋もれてそのうち消滅するとおもっていたものが生きているのか? この幻想は粉砕しないとやばいことになると思って本腰を入れて調べだしたのである。

 それと前後していわゆる「山国荘調査団」とかいう連中が「おれたちはすごいことを研究している」という空気で飯を食っているのを知ってそれも腹立たしかった。学匪滅ぶべし。 こいつらが山国はお宝の山だぞと吹聴しているのが助長しているのだろうとそのころは思っていたのだが、数日前に違う切り口から意外な記述が出てきたのがきっかけで、学匪よりももっとやばい連中が、今調べている偽文書系伝承に彼らの方面からアプローチしていることがわかった。しかもすこしづつ発表しだしているようだ。これはやばい。連中の分野の事はともかく、そのおまけについている伝承がやばい。こっちの調査である程度偽物であることがわかっているものを、たぶんそこまで到達せずに鵜呑みにして流布されると本当に困る。

 どうしてやばいかというと、まず、おもしろく世間受けするものだからだ。そして真にうけるバカがたくさんいる分野だからだ。世間向けにアピールする山国荘調査団に加えてそれ。そういうわけで、今必死にその火元と連絡しようとしてるんだが返事がない。やばいのでなんとかしたい。

偽文書・由緒書の世界

偽文書・由緒書の世界