メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

百均のシリコンゴムベラで抹茶をたてる

 さて抹茶を百均の小物でたてる外道シリーズである。

前回の結果 マドラー

 前回はマドラーを試したが、その結果としてはそれなりの味ではあったものの、ダマがのこり、コクもない微妙な出来上がりだった。しかし、残った抹茶のダマをみるとかなり細かくなっている。ただ、お湯を入れたときの粒度とそれほど変わっているように見えない。実はマドラーや泡立て器のようにある程度の太さのある物質での攪拌ではそこまで細かくならないのではなかろうか。そこで、シリコンゴムのヘラで積極的に潰していくとよさそう、という案をおもいついた。

シリコンゴムヘラ

 ということで、今度はダイソーに行ってシリコンゴムのヘラを買ってきた。ちなみにダイソーに行ったのは安い茶筌/茶筅があるという話だったので見に行ったのだが、なかったので結局ヘラを買ってきたのだ。まぁ、自分のような独身ハゲの下流中年には茶道なんか関わりのないことなので、カフェインたっぷりの「緑の粉」をキメるのにいい道具があれば何でもいい。ちなみにちょっとググったところではヘラで抹茶を潰すという案は誰もネットに出していない。みんなコーヒー・紅茶には凝っても抹茶には凝らないのかな?

作業

 ということでまずは抹茶を茶碗に入れる。

f:id:inudaisho:20190317135859j:plain
用意

 ちょっと湯を入れて練る。

f:id:inudaisho:20190317135525j:plain
練りはじめ

f:id:inudaisho:20190317135940j:plain
ダマを潰していく

f:id:inudaisho:20190317140009j:plain
いい感じ

 こんな感じで潰してみたが抹茶の香りが湧き上ってくる。あ~いい。いいです。

f:id:inudaisho:20190317140258j:plain
ヘラに残る

 最初なのでヘラにちょっとこびりついてしまった。しかしそこ以外の出来上がりはよい。

飲んだ後

 というわけでとりあえず飲む。茶筌でたてたのに比べると空気が入っておらずそのあたりの感じが足りないが、それ以外のコク・まったり感は非常によい。簡易抹茶としては相当によい。

f:id:inudaisho:20190317140458j:plain
飲んだ後のダマ

 ただ、ヘラにこびりついた分をあとから適当に潰したのがわるかったのか、細かいダマがすこし残ってしまった。これも再度ヘラで潰す。

f:id:inudaisho:20190317140952j:plain
残りを潰す

f:id:inudaisho:20190317141035j:plain
薄茶

 後の始末もヘラだとなかなかよいのではないか。

結果: 緑の粉をキメるならシリコンゴムのヘラがおすすめ

 茶筌に比べると泡泡しないところがもの足りないが、後の始末や道具の管理を考えると圧倒的にシリコンゴムのヘラが有利。簡単にまったりねっとりした風味のよいものができる。ということで、独身ハゲ下流中年のおっさんが丼茶碗で飲むならシリコンゴムのヘラで抹茶をたてるのがおすすめ。後始末も簡単。

一保堂茶舗 抹茶 青雲 40g

一保堂茶舗 抹茶 青雲 40g

AtCoder AGC031 0完

 さて今回は0完でしかもずーっとAをいじっていたので目次立てたりしない。Aは文字別に数えあげたまではいいが、そこから先包除がうまくいかず死亡。真正面から包除にとりくんでしまったが解説をみると....ぐぬぬ。あざやか。まぁこんなのができないんだから0完で当然かな。

 今回で茶色に叩き落とされそうでまぁいい区切りかな。

f:id:inudaisho:20190317001704p:plain
続落

 うーむ。なかなか茶色に落ちませんな~。次のAGCも0完で AtCoder から脱落という感じかな

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?

百均のマドラーで抹茶をたててみる

 こないだちょっと高校(男子校)の同級生んとこまで遊びに行ってきたが、そこが宇治田原で、帰りになぜか抹茶をもらった。で、京都の部屋に置いといたのだが、山奥の家なら東京にいたときに買った茶筅があるものの、京都の元祖母部屋にはない。消防点検の立ち会いのために京都の部屋にいるのだが抹茶飲みたくなり茶筅について調べると百均でも売ってるらしい。ということで太秦ライフの中にあるセリアに行ってみたがなかったので代わりにマドラーを買ってきた。

f:id:inudaisho:20190315230909j:plain
百均(セリア)のマドラー

 ミルクフォーマーという攪拌専用の機械もあったが、機械なので買わず。金物の泡立て器もあって小さいのもあったが金属じゃないのがいいかもしれんとおもってこっちを買った。百均に並んでいるメンツを眺めていて、ストローを細く切ったら茶筅っぽいのができそうな気がしたが買わず。

 そういうわけでとりあえず抹茶投入。

f:id:inudaisho:20190315230941j:plain
抹茶投入

 ちょっと湯を入れて練ったほうがいいかとおもったけれどもあんまり効果がない。

f:id:inudaisho:20190315231022j:plain
ちょっとお湯をいれてまぜてみる

 ある程度まぜてから、適当に湯を注ぐ。量は適当。ここまで分量はすべて適当。

f:id:inudaisho:20190315231054j:plain
お湯投入

 徐々に注いで増やして行ったほうがいいような気がしたものの、一気にいれてしまった。とりあえず混ぜてみる。

f:id:inudaisho:20190315231129j:plain
攪拌

 うーむ。いつまでまぜても泡が大きいままで、大味な抹茶を予感させる。最初なのでま、いいかということで飲んでみると。雑な感じではあるけど案外それなりの味はある。ということでガブガブ飲んでみるとわりと細かいダマが残った。

f:id:inudaisho:20190315231156j:plain
残滓

 やっぱりマドラーのような太いもので混ぜると粒が粗いままで、ざっくりした味になるんだな。金属の泡立て器の方がよかったか? しかし残ったダマの粒をみると結構細かくなっている。よくみると最初湯を入れたときの粒の単位とそれほどかわらない。ということは混ぜているものの太さはそれほど関係なさそうだ。それなりの味にはなったのも、それなりに混ざったからだろう。茶筅のような特殊器具はともかく、こういう棒や泡立て器程度の太さがある場合は、それで必死に混ぜるよりもシリコンのヘラでしっかりダマを潰しながら練って順次湯でのばしていった方がよかったかもしれん。まぁ茶筅を用意すればいいだけの話ではあるが。

茶筅&曲直し(茶筅直し)セット

茶筅&曲直し(茶筅直し)セット

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

ルノーウルトラライト7 の新タイヤの破断

 去年の夏スポークが折れて結局交換してから冬になり結局ルノーウルトラライト7 (RENAULT ULTRALIGHT 7) 使ってなかったのだが、そろそろ暖かくなってきたので使おうかと出したら空気がなくなってペチャンコになっていた。そのときなんかおかしいなとはおもったものの、こんなもんかと気にせず空気を入れておいた。それからしばらくして奈良の帝塚山大学というところの公開講座を聞きにいったとき、駐車場があるかどうかわからないので近鉄と自転車を併用して行った。久しぶりに自転車を使い、やっぱりあると便利だ、とは思ったものの、その後山奥への帰りの自動車の中で風船が割れるような音がした。

 乗ってる最中に鳴らなくてよかったが、どこがパンクしたのだろうか。昨日出して確認したら思わないところが破れていた。

f:id:inudaisho:20190313083439j:plain
側面破断

 タイヤの側面にそった皺があり、そこまでまきこんで割れてる。側面に書いてある数字をみるところでは空気を入れすぎたわけでもない。皺というのはこんな感じに斜めの筋がタイヤの側面の内側にある。

f:id:inudaisho:20190313084559j:plain

 割れてわかったが、このタイヤのガワ、外側の接地面だけ厚くて腹側が薄い謎のタイヤだった。一度空気が抜けて皺になりそこが弱くなって今回のようなことになったのか。そもそもそういう構造になったのが謎だ。スポークにかかる負担を弱くするためにタイヤを弱くすることで応力を吸収しようとしたんだろうか。アイデアといえばアイデアだが、それでタイヤがパンクというかタイヤのガワごと破断するのはちょっと困る。

文石科技(Onyx ) の公式ショップが日本に対応

 こないだ Boox Nova Pro のことを書いたときに「公式ショップ」なるものにふれたが、これは公式に開店して間もないものだったらしい。

inudaisho.hatenablog.com

 金の単位が香港ドルと米ドルだけだったので香港の代理店みたいなもんなんだろうと勝手に思いこんでいた。いままでは日本には対応してなかったらしいんだが、今回日本に公式に対応したと Facebook の方に書いてあったので見てみた。

shop.boox.com

 今見ると上にバーがでてきて「USA, Europe, South Korea, Taiwan, Singapore and Japan」だけに対応と書いてある。それから言語を選択できるようになっているが、押してみるとこうなる。

f:id:inudaisho:20190307210056p:plain
公式ショップの言語選択画面

 ものすごい多言語対応だが、よくみたらわかるようにこれ Google 翻訳をつかってるだけ。というわけで英語で見た方がよさそう。これをみると 対外名称が Boox なのか Onyx なのかますますわからなくなってくるが、ブランドとしての BOOX を前面に出してるということなんだろう。ソニーVAIO みたいなもんか。

 ちなみに Boox Nova Pro は約320ドルで、それに送料がつくらしい。 Facebook の方でディスカウントコードくばってるのでちょっとだけ安くなるらしいぞ。