メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

kobo glo HD に KFMon をいれる

 5.2インチ eInk ディスプレイの Yota3+ が予想よりも使える事がわかってきたので、kobo glo HD と比較しようとしたが、この11月頃に KOReader の正式版アップデートがあって OTA アップデートできなくなり、いれなおそうとしてうまくいかなったので放置したままだった。ということでやりなおすことにした。

 Kobo のソフトウェア改造のことについての日本語情報源としてはここが詳しく、以下書くこともだいたい書いてある。

soranoji.air-nifty.com

KOReader

github.com

 前 Android 化しようとしてうまくいかなかったのである程度わかったのだが、こういう電子ペーパー機器はどれも内部ではLinuxが動いていて、その上で各種バイナリが動いている。Android もそのバイナリの一つで、電子ペーパーの汎用機はAndroidを噛ましている分メモリをたくさん食う。KindleKobo はそういう基本ソフトをいれずに書庫管理・リーダーが一体化したシステムをいれてるのだが、使い勝手が制限されているのでそこをなんとかするために有志でいろんなリーダーが開発され、その中で中国人が開発の主体となって生き残っているのが KOReader である。PDFとかの扱いがよい。先頭からみると Korea なので朝鮮・韓国と何か関係あるかと最初おもってしまうがそうではない。2015年以後は正式版が長く出てなかったがこの11月にひさしぶりに正式版が出た。

KSM と KFMon

www.mobileread.com

 KSM( Kobo Start Menu)はいうならランチャーで、ここからいろんなバイナリを起動できる。KOReader とこれを組みあわせることが普通だった。ただ、KOReaderだけをつかいたい場合にはちょっとオマケが多すぎる。KSMの方も09が正式になった。

github.com

www.mobileread.com

 で、KFMon がこれです。KFMonはKSMよりももっとランチャーに特化してるらしいのですが、動作が想像できないし画像もないのでよくわからない。説明にはKFMonのファイルを展開→KOReader を所定のディレクトリ(.adds)に展開 これだけで再起動するとKoboのシステムがファイルをよみこんで、アイコンがkoboのライブラリに本のように出てくると書いてあるけれどもやってみてもでてこない。設定ファイルをみていると、ファイルが多すぎるときに調整する項目がある。2万ファイルくらいあったのでいじったがそれでも変わらない。ならば、とリセットして全部ファイルを消してしまって再度やっても変わらない。うーむ。

 ということですが、それまで裏蓋を開けて内部のメモリを直接脱いて読みこませていたのが面倒くさくなって、PCに繋げてみたらできた。

f:id:inudaisho:20181212132212j:plain
やっと出現

 USB接続がトリガーになってKoboのシステムのファイル更新が行われるようだ。内部のメモリを64Gに交換してからPCに挿しても認識しなくなったのでいちいち裏蓋を開けてたのだが 最近読めるようになったのか、もともとそういう仕組みだったのか。

 kobo のシステムと一体化したような感じで起動できるのでなかなかよい。仕組みとしては kobo のシステムの起動中にKFMonを起動させる。→KFMonはKoboのシステムで本の画像が押されるのを監視→所定の画像が押されたら決まったものを起動させる という具合。プロセスを同時に起動させない設定だと、たとえばKOReaderを起動さすとKoboのシステムは落ちる模様。

Plato

github.com

www.mobileread.com

 上の画像で Plato-logo というのがあるのがこれ。ためしに一緒に入れてみたけどうまく動かない。動かないのでここまで。

kobo glo HD と Yota3+の比較

 というわけで、無事 KFMon が動いて KOReader が使えるようになったので、kobo glo HD の300ppi 6インチと Yota3+の282ppi5.2インチを比較してみる。え? 比較するまでもないって? 普通に考えればそうだが、ソフトウェアが違う。ということでドン。

f:id:inudaisho:20181212134723j:plain
Yota3+ と Kobo glo HD

 ここで注目するのは「横向きでスキャンされてトリミングもされてない画像」。イジワルでこういうことをやってるわけではなくて、現実にそういうPDFがいっぱいある。たとえば国会図書館デジタルコレクションもそう。個人でスキャンするとだいたいこうなる。紙だと余白は落書きスペースとして使えるがデジタルの場合ただひたすら無駄な空間。

 kobo のシステムも KOReader も想定してるのは テキストで構成されたepubのようなもので、こういうPDFはあんまり想定していない。なので普通に表示させる場合、こうして横向きにするのが最大表示になる。一方 Yota3+ は Android なのでアプリの作者次第でこういうのを半分にして自動で余白を落として拡大できる。

 次のような画像はYota3+には向いてない。

f:id:inudaisho:20181212140542j:plain
Kobo glo HD と Yota3+

 しかし Kobo のシステムで致命的なのは素のテキストファイルがUTF-8以外文字化けすることだな。KOReader はそこは大丈夫だが、こちらはフォントの指定ができない。結局ショップを通したもの向けの仕組みということかもしれないが、意外と汎用性がないということにもなる。kobo 自体が赤字を前提にしてバラまいてるものだから仕方ないのかもしれないが、うーむむ。

 最後にBoox Max2 と比較した写真でものせておく。

f:id:inudaisho:20181212143932j:plain
Boox Max2 と比較

 比較にならんなこりゃ。まぁ携帯するなら今売り出し中の 7.8インチが一番よいのだとおもう。なんかいろいろと持ちすぎたな..

AtCoder ABC115 全完 しかしうーむ。

 はじめて AtCoder で全完できたがやはり簡単だったようだ。しかも入力例が非常に親切で脳をあまり使わなかった。たとえばCのつまづきポイントとしては単純にどこから始めてどこで終わるのかというところの境界があるが、入力例が二つとも境界値だったので手元でそこを通せばオケ。惰性でできる。やさしい。こういうのは逆に入力例は簡単なのを出しておいて、コーナーケースをテストケースに入れとくとおもしろいように初心者がひっかかるとおもう。(自分はこういうところでよくひっかかる)

  Dについては前こんなのあったなとおもいながらどうだったのかすっかり忘れていたが、一回wa を出しつつとりあえず書けた。まぁでもDは最初バカ正直に問題通りの再帰書いて巨大な文字列作ってみようとしたら手元で非常に遅いのができたから、簡単な再帰で計算を圧縮させるという意味ではアルゴリズムの基本なのかもしれん(追記:今考えると再帰というより漸化式っぽい)。簡単だとおもうのは前似たようなものをやったからか?Dも入力例に境界値があったのでこれも初心者にやさしい。気持ち良く解いてもらおうという意図を感じる。

 ちなみにAは25から引くのではなく配列を作ってインデックスを出すという無駄なことをした。どうでもいいテクばかり覚えてるとこうなる。こういうときはシンプルに考えれる頭を持ちたいものだ。

f:id:inudaisho:20181208230011p:plain
ようやく緑

 ようやく緑になれた。本来緑程度の人間で、ちょっとやって水色にレベルアップして離脱するかというくらいのつもりだったので茶色で足踏みしていたのはかなりストレスだった。今日は気持ち良く寝れる。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

Theory of Recursive Functions and Effective Computability (The MIT Press)

Theory of Recursive Functions and Effective Computability (The MIT Press)

Yota3+ の ROM がネットに流れる

 xda や 百度貼吧などで活動いていた人たちの努力が実を結び、ROM吸い出しに成功したらしい。しかしまだ完全に Yota3 への移植に成功したということでもないようで、ROMのファイルだけがコピーされて転載されている。どうも普通に Yota3 のROMを書きかえようとすると失敗するらしい。ただしそれにも道があり、文鎮化してしまったものに書きこむQualcommのツールがあるようで、それなら全部書きかえれるのではということらしい。

f:id:inudaisho:20181206160240j:plain
百度のYotaPhone3板

 成功してないのにとりあえず配布するというのもよくわからん話だが、たぶんFlashに失敗するので、配布したらだれかが方法をみつけてくれるということなんだろう。これで Yota3 のROMとして

  • 1 オリジナル
  • 2 xdaの韓国人改造版
  • 3 Yota3+

 の三つが揃ったことになる。AliExpressで売ってる謎のYota3国際版は単に2を入れたものらしい。Yota3 は大陸方面では投げ売り状態なので、それを買ってちょろっとroot取得すると改造して遊べるということになる。Yota3+化もできるかもしれない。まぁそれは Yota Technorogies にとってはあんまりいいことではなさそうであるが...

 この放出で、Yota3+ の利点が強調されていたので書いておくと、やはり Always-On が強調されていた。結局 Yota3 は普通のAndroidを作る調子で背面の操作も作っていたのでロックして画面を出したままにするということができないようだ。大きな違いではある。

 これで、Yota3 の尾を引いているのはeink面を横向きにできないことかな。画面が狭いので十分使うためには横向きでもできた方がいい。できたらいいんだけどなー。ただしYota3はepdを設定するツールが開発されていて、それをつかうと見ながらに背面のコントラストなどがアプリ毎に調整できるらしい。Yota3+ 使用者が増えたらそういうツールの開発も進むとおもうのでユーザとしては期待できる。メーカーとしてはこういうのが出て新製品の売上を食ったらつらいところだろうな。

 

副島種臣の支那漫遊と曽根俊虎

黒色中国氏の記事

 twitter をみてるとこういうのを見掛けた。

bci.hatenablog.com

 黒色中国氏はtwitterでは一部の専門家のプゲラの対象になっているが、単に学問的根底がないから書いてることが怪しいだけで、中国体験については見るところがあるし、おもしろい情報が出てくる事もあるので twitter の「情報」のリストにいれている。

 さて、この記事の副島種臣の件について、自分がもしどこかで職を得て中国研究で飯を食っている専門家なら、知らなかったことでもちょろっと調べてあたかも随分前から知っていてすこしは研究していたかのように書き出してもいいところだが、未来のない無職独身中年がそんなことをして得られる面目も利益もないのでしない。この時代のころの事象について若干調べたことがあっても一片一片であって、全体を見通すようなことはしていない。副島種臣についても名前は読めるものの、具体的な内容については完全に忘れていた。ということで記事の具体的なことについては別にして、副島種臣が明治初年に「支那漫遊」していたという事実はおもしろいので、それについてちょっと調べたことを書く。

支那漫遊の期間

 黒色中国氏が引用している中国サイトの情報の1876-78年はあっている。明治9年から11年である。NHK大河ドラマ西郷どん」でどのように描かれたのか知らないが、明治初年の日本の外交での重要な問題の一つが、朝鮮が日本の明治維新を認めないことで、つまり日本で何があったかうちは知らない、交渉窓口は対馬の宗氏で相手は徳川氏と言って譲らない。副島はいわゆる岩倉遣欧使節団のとき日本にいて外務卿(そのころの職制で大臣みたいなもの)にあたり、樺太問題から琉球台湾問題までいろいろ処理したのだが、朝鮮の問題もコミで清国に行ったことがある。今の歴史はなぜかこのころから中国可哀想ということになっているが、このころの清はまだまだ大国で、そもそもアヘン戦争が起こるまでは不公平な管理貿易を諸外国に強制していたくらいで、太平天国の乱とアロー戦争(第二アヘン戦争)でボロボロになっても、日本のような国はまだまだ振り回されるだけだった。台湾出兵もあたかも日本の野心の発露みたいな扱いだが、アメリカも似たような問題で台湾遠征しているので既に先例はあり、日本はマネをして琉球問題を確定しただけである。

 まぁそれはともかく、外交問題で大鉈をふるっていた副島だが、朝鮮の問題については西郷隆盛の側についていた。というよりどうも西郷が副島の仕事を取ったような形だったらしい。そのへんはともかく、征韓論は遣欧使節の帰国で政府内部のバランスがかわって破れ、西郷・副島は政府をやめることになった。副島は東京に残って休職の形で民権運動などをやったが金回りなどが悪くなってきたので、明治9年に上海へ旅だった。

漫遊の記録

 と、ここまで見てきたかのように書いたが、もちろんネタ本がありそれに自分の知識を混ぜているだけだ。これ。

丸山幹治『副島種臣伯』昭和11(1936) 国会図書館デジタルコレクション

 ここにもちろん副島の漫遊について概略が書いてある。次に、副島自身の記録で国会図書館デジタルコレクションで見れるものがこれになる。

副島道正編 副島種臣『蒼海全集 巻一』大正6(1917) 国会図書館デジタルコレクション

 黒色中国氏はこの本にたどりつきながら、読めないみたいなことを書いてるのがよくわからないが、この一巻の冒頭が使節として清国を訪問したときの文章で、その後の「將航于淸國。別友人」から「歸家」までがその「漫遊」のときに作ったものになる。

 『副島種臣伯』の方にはこういう記述がある。

足掛三年の旅行中、到るところ、支那の探偵もつき纏ひ、日本の探偵もつき纏つた。支那では副島が何をするかも知れぬと疑つた。日本では副島が何を企てるかと警戒した。上海の旅館で先生が四言の詩を作つて、かき損つて、丸めて二階から捨てた。それが日本に新聞に掲載された。かういつた風で油斷も隙もならなかつたのである。

 実際、この明治9年から11年のあいだに、西南戦争が起きて西郷が死ぬわけだから、西郷とともに政府をやめるまでは外交で大鉈を振っていた副島が、清国でブラブラしていると、こやつ何を企んでいると思われても仕方のないところがある。しかし副島がそうして外遊している間に西郷も大久保も木戸も死んでしまったのだから、動乱の時期に海外で監視されていた方が安全だったのだろう。帰ってからは宮中で御進講を長年勉めたというから、東京に留めて誰かに担がれないようにされたということかもしれない。

曽根俊虎と「志士」

f:id:inudaisho:20181204032318p:plain
曽根俊虎

 旅行中、曾根俊虎なる人物と湖南で面会したことが『副島種臣伯』にある。この曽根はまた黒色中国氏のブログにもでてくるが、『淸國近世亂誌』という本を書いている。副島種臣は名前を貸しているだけのようだが、この本は清の勃興から太平天国の乱までをまとめたもので、序文に「最近の日本は欧米のことには詳しくなっているが、「満清」の書はあまり来てないので最近の情勢がわからない」と書いている。太平天国の乱とアロー戦争で清の権威がいかに失墜したのがわかるような文章ではある。曽根はその戦乱の跡をみて荒廃しているのを慨嘆し、公刊されている記録をあつめて抄訳しようと山東人に相談したところ、政府側に都合のいいことしか書いてない。「東洋の志士」に見せるのなら、もっと資料を集めて戦地を確定し、また英人の記録も参照した方がよい、といわれ、そのようにしたとも書いてある。ここにのちの滅満興漢的な史観は既に揃っているので太平天国の影響が非常に大きかったこともわかるし、また曽根はそれに意気投合した「志士」の走りだとも言える。

曽根俊虎 - Wikipedia

 ということでWikipediaにも「近代日本史におけるアジア主義の中の最重要人物」と言挙げされている。ここまで特大筆記されるのは「孫文宮崎滔天の間を取り持った人物」だからのようだ。(狭間直樹「初期アジア主義についての史的考察 第一章曽根俊虎と振亜社」2001)

 国会図書館デジタルコレクションに

曽根俊虎『清国漫遊記』明治16(1883)

 のがある。曽根の旅行記で、ちょっとみるかぎりではなかなかおもしろい。残念ながらこれは一部だけのようだ。

 曽根俊虎についてはいろいろ研究があるようだ。

佐藤茂教「興亜会創設者曽根俊虎の基礎的研究」1985 (pdf)

狭間直樹「初期アジア主義についての史的考察 第一章曽根俊虎と振亜社」2001 (pdf)

 狭間氏は完全にスパイあつかいしているので、そうだとすると副島種臣についてまわった「日本の探偵」の一人ということになるのかもしれない。まぁ副島の元部下になるんだけど。

 後の事績から逆算して勘繰ったりコジつけたりするのはよくあるが、そういう研究で飯を食ってるわけではないので、副島種臣の漫遊記録から妙な大物を釣りあげたということで終わりにする。

幕末明治中国見聞録集成 (第2巻)

幕末明治中国見聞録集成 (第2巻)

副島種臣 (人物叢書)

副島種臣 (人物叢書)

AtCoder ABC114 2完 つらい

 ABはどうでもいいのだが、Aで簡単な出力の誤記をやらかしてしまい、出遅れる。でも一応7分でBまで出した。えらいえらい(そこしか褒めるところがないし誰にも褒められないので自分で褒めてる)

 で、Cでハマった。桁DPくらいしか覚えてなさそうな奴(オレ)に対する罠だな... とは思いつつ、357をグルグル回して全探索する仕組みを考えてるうちに終了。え?もう終わった?という感じで驚いた。Aでミスったのでレーティングも上がらない。つらい。これから解説みてくる。

(Cを場合の数で解いてるすごいやつがいた...)

f:id:inudaisho:20181202225544j:plain
レーティング