メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

院試合格と院試対策

院試合格

 さてあーだこーだ書いてた院試ですが、なんとか通ったようです。あーよかったよかった。ちなみに母校じゃないです。あと日本史とか東洋史とか西南アジア史とかじゃなくて中国文学です。最初の外国語(中国語)を悠長にやってたら時間が足りずに終わってしまい、どうなることかと思っていた。

院試対策

読解力涵養

 試験の内容は過去数年分の過去問をみてわかる傾向通りだった。つまり全訳で総合的な読解力をみるというものばかりなので付け焼刃ではどうにもならない。例えていうなら初めての山にいきなりほうりこんでオリエンテーリングやらせてどこまで目的地に辿りつけるかを見るようなもの。付け焼刃だと道に迷って死ぬ。とはいえ学部を出てすぐの人間が想定対象なのでそこまで難しいものがでるわけでもない。問題はしばらく中国関係から離れていたので読む能力が落ちている、ということでそれは演習にもぐるという荒技でなんとか読めるかもというレベルまで戻した。最初は過去問を試しにやろうとするとすぐ眠くなってできないという有様だった。

 ちなみに演習でやってたのは元曲と西遊記で、試験に出たのは現代中国語と宋代のいわゆる漢文と書簡文なのでジャンル的にはまったくカブってない。

基礎知識の詰め込み

 学部の専門は中文ではないので、中文の人なら知ってて当然な事ややってて当然な事が欠落している。その知識を補うためにとりあえず図書館で前野直彬編『中国文学史』を借りてきてチマチマまとめた。これなんだが、あとでよく見るとこれから行く先生の著書の中に中国文学の概説を意図して書いたものがあった。たぶんそれを読む方が試験対策としてはよかったんだろうが、そもそも伝統的な韻文史についてはあんまり知らない(興味が無かった)ので何でもいいから通史的なもので一通り押さえておく作業は必要だったのだ。そういう意味では前野本の方が、内容は古いけれども、一般に知られていたことを知るという意味で十分よかった。ちなみに院試までに全部まとめきれなかったので詰め込みはできてない。単に流れをまとめただけ。

中国語の語感

 それから中国語の能力だが、これも中国語の細かい文法事項が書いてある本を借りてきたがちょっとやったところでどうも違う気がしたのでやめた。で、図書館で中国語の語感を取り戻せるようなものはないかと探してみると、木本一彰『中国語筋トレ100読練習法』(東方書店 2015) というのがある。

中国語筋トレ100読練習法

中国語筋トレ100読練習法

 これを借りてきて大声出せる所に行って復唱しているとなかなかいい感じだった。ちなみにこれも最初の文の「100読」まで達していないので結局最初の文から先に進めていない。あと、これは有気音無気音の弁別とかそり舌音とか ing/eng などの基本的なことがわかってる(けどペラペラしゃべれない)人がやって意味のあるものなので、そういうのできてない人がいきなりとびついても効果が薄いとおもう。そして時間がなかったのでそれくらいしかできなかった。

 ペーパー試験の対策として意味があるのかということだが、文章は所詮人間のつくるものなので、字だけをにらんでウンウン唸るよりも口に出して文章の全体像をつかむ作業は役にたつ。

あんまり役にたたない

 以上、試験対策という名目で三つ挙げたが、結局試験対策というよりはその後も使えるスキルの涵養ということになる。過去にある程度やって中国にも行った事がある45のおっさんが、ブランクをとりもどすために院試対策を名目として一ヶ月弱でやったことなので、一応ネタとしてまとめておいたが、普通に院試対策を求めている人にはあんまり役にはたたないかもしれない。

 たぶん普通の院試対策として一番重要なのは

  • 卒論で関係するものを書く事

 ではないですかね。

中国文学史

中国文学史

「現実」の浮上―「せりふ」と「描写」の中国文学史

「現実」の浮上―「せりふ」と「描写」の中国文学史

亢龍有悔

亢龍有悔

 さて、今回院を狙うことになったのは卒論の内容を世間に出したくなり、人にポロっと言ったのがきっかけであるが、その後卒論をpdfにしたのを送ったので18きっぷが使える間に反応を伺いに行ったら、こういう内容なら一応言及しておかないといけない本みたいなのを紹介された。その本、その筋の有名人ではあるが読んだことがなかったので読んでみるとなるほど対象は違えどかなり発想的に近いことをやっていて、しかも対象が対象なのでもっと凝ったことをやっており、なんだ自分の卒論にそこまで新規性ないのかとかなりガッカリした。

 しかも自分の世代的にはそんなに珍しくない発想のようだ。この卒論世間に出さねば(迫真)みたいに気負って出すほどのもんでもないなぁ。そもそもこういう状態でバラまいてしまったのでどっかから似たようなものがポロリとでてくる可能性もありそうなったらまぁもういろいろとあきらめるしかないな。

 などと若干弱気になっているのは、その紹介されたものを図書館で借りてきて適当にパっとひらいたところ「亢龍有悔」の句が目にとびこんできたのだ。易の卦がそこで紹介されてただけだが、イランにはハーフェズ占いといってハーフェズの詩集を適当に開いてそこにある句で占うというものがあり、それを連想してしまう。で、この卦についてググるとこんなのが出てくる。

blog.goo.ne.jp

「亢龍有悔」(昇りすぎた龍は後悔することになる)と言う意味で進むを知って退くを知らず、強気でやりすぎて周囲から浮いてしまった姿が「亢龍」なのです。

 うーむ。そのまんまだな。なにかやりだすとこうなってしまう。この傾向ちょっと気にはなっているのだが反省しないので全然直らず、今回もここには書かないが既に口の悪さを発揮してしまっているので、最終的に失敗するかもしれない。

院試に失敗したらインド逃亡だな

 さて口の悪さではなく軽さ方面だとこういうのがある。院試の過去問を閲覧してから思ったままをつぶやいてしまった。

 こんなことを書いたのに対し「合格宣言したようなものだな」と思われてしまっているらしい。やばい。うーむ。中国やっていると中国的発想が身について微言に意味をみてしまうので、そういう世界に再突入するなら気をつけないと... とかいうならこんなブログは削除してしまうのが一番早いんだがまぁそこは。

 とにかく書いたことはしかたないので、こう壮語した事に反して失敗した場合、インドに逃亡するしかないな。と、自分に都合のいい逃げ道を用意しておくのはさておき、いずれにせよこの一月はとりあえず院試に通るだけの基礎学力をつけないといけないのであんまりアウトプットしないと思う。

易経〈上〉 (岩波文庫)

易経〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1969/06/16
  • メディア: 文庫

易経〈下〉 (岩波文庫 青 201-2)

易経〈下〉 (岩波文庫 青 201-2)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1969/07/16
  • メディア: 文庫

カラー(色付)電子ペーパーのスマホ CES2020

 アメリカのラスベガスで1/10まで開かれているCES2020で今年もいろいろ新製品がチラ見的に出されているわけですが。

 来ました! ちょっと前に発表のあったカラー(色付)電子ペーパーの応用品がいきなりスマホで出てきました!海信(青島 ハイセンス)最高! 早く売り出してくれ!

 CES2020の展示品の映像を Youtube にアップした人もいる。

www.youtube.com

 おぉおぉ... まぁ色は枯淡なあじわいでちょっとアピールに欠ける感じだが「そこがいい」ということは前から書いているところ。とっとと出してほしい。これについて百度掲示板で情報を探してみると、製品として出てくるのに少なくとも半年はかかるとか書いてる人がいるのでまぁたぶんそうなんだろう。

 あと技術的には前 Good E-Reader が書いてたまんまで、四つの電子ペーパーの粒を一単位とし、EInkフィルムの上に3マスにそれぞれ色を印刷して三色とし、明度調整のための何も塗ってない1マスと組み合わせて色を構成、ということらしい。eInk社(台湾 元太科技)からもその旨発表されている。だから真のカラー電子ペーパー技術であるACePと同列に並べて印刷方式の色付カラー電子ペーパーとして紹介している。(してるんだが、映像をみるかぎりでは白黒のときは前の白黒とおなじなので本当に上記のような仕組みなのか疑問が湧いてきた。ここは眉にツバつけてください。)

 もう普通の白黒の電子ペーパーは当たり前になってきて、新しい機種が出たりしたところであまり興味がわかない。印刷方式でごまかしてるのでもなんでもいいからとにかくカラー電子ペーパーの一般向け普及品を出してほしい。

世界遺産 時をこえる旅 塗り絵ブック

世界遺産 時をこえる旅 塗り絵ブック

  • 作者:Eriy
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: 大型本

大学院に行くことにした(行けるとは書いていない)

 今年は大学院に行くことにした。博士前期過程つまり修士ってやつですね。45歳(新学期には46歳)の今から行って意味はあるのか? まぁ実際社会的にはあんまり意味はなさそうだがかまわない。50代になると脳が柔軟性をなくして新しい考えが入らなくなる。40代後半はその直前なのである意味ラストチャンスではある。

 この学士と修士の間はたったの二年の差ではあるがやはり研究の基礎という点で重大な差がある。なにか新しいことを発見するのは学位がなくてもできる事だが、それを論文などの形式に沿ってまとめるのはそれなりの訓練を経ないと難しい。学士はその入口で修士は初歩、博士にいってそれなりの形のものを出せるということで、大学は準備段階、大学院が訓練所ともいえる。まぁ最近の博士(文系)は過程博士なので一昔前までの博士よりも余程値打ちが下っているようだが、それでも修士よりはまとめる能力という点では上だろう。自分は自由放任の大学に行ったのだが、人に相談しない独りよがりの性格が禍して学生の独自研究で終わってしまい、今でもその調子でネットに文章を垂れながしているので、そのことを考えると結構不安になってくる。

 そういうわけで大学にまた行くのもよいのだが、そんなにカネも時間もないので院から行きたいところ。ところが院に行くにはそれなりの論文もしくは実績が必要で、自分の場合そんなものは何もなく卒論があるのみだから、その卒論の方向へ進むしかない。実は自分の書いたものによって方向は既に決まっていたのだ。

 今回行く事にしたのも、年末に卒論を世に出すべく人に見せたのが発端となっている。それで大学院に来るのはどうかと言われてはじめて大学院について調べ、そこで普通は卒論を持って院に行くということを知る。つまり出身大学出身学科の院へ持ち上がる場合はそれが明白ではなく、そもそも相談しに行けるような時期に卒論が仕上がっていないものだが、よその院に行く場合にはそういうものが要求される。ということで、17年前にやるべき事を今やっていたと知って、愕然としたわけだ。まぁそもそもそういうことは普通先生に相談するのに一切相談せずに独断で勝手にやってたんだから自業自得ではある。

 もっとも院に行くには金銭的余裕が必要となり、今までそれがあったのが2008年頃と今であり、2008年頃のそれは海外旅行などで使ってしまったのだから、そういう意味でも今回は最後の機会というところか。これだけ書いておいて何だが、10年も学部でブラブラしてからカネもないのにさらに大学院とか躊躇して当然だから卒業時(2003年)の判断もそんなに間違ってはいないな。まぁしかし今回はこれから必要な書類を集めるような段階だが、話があんまりに急すぎて、卒業証明書などを集めるところから既に綱渡りなので、卒論の受けはよくても院試の出来が悪すぎて落ちる可能性がある。そうなればそうなったで、またくだらない記事を乱発して死ぬまでの時間を埋めるとしよう。

追記: 院試の過去問を見せてもらったら案外簡単で、基礎知識の欠如という不安点はあるのだがこれから一ヶ月余裕があるので落ちそうになさそう。

大学編入のすゝめ

大学編入のすゝめ

中古レッツノートを買った ( Windows10 視覚効果の切り方 )

もともとレッツノート

 今つかっているノートパソコンは富士通のTH90/T (FMVT90T)であるが、もともとレッツノート党である。というのもパソコンはゴミ捨て場で拾ったり中古で買ったりして手にいれていたのだが、ある程度稼いでからはじめて新品を買ったのがレッツノート CF-W5で、これが非常に頑丈でつかいやすかったためレッツノート教に入信してしまったのだ。特に印象的だったのが、パキスタンの安宿で寝ながらパソコンいじってた時、うっかりコンクリートの床に落としてしまい、液晶に筋状の抜けができたのだが、しばらく放置してたら勝手に直ったことだ。単に液晶が偏ったのがもとにもどっただけではあるが、液晶だけおかしくなるのもレッツノートが頑丈だからこそ。こんな事があるとレッツノートへの信仰が深まってしまう。

 とはいっても新品で買うのは高くて手が出ないのでW5以後はだいたい中古なのだが、まぁ中古市場でも豊富に出回っているのでジャンクから部品とりして修理とかできるあたりもよい。そういうわけで親のために買ってるのは中古のレッツノートである。こういう用途だとたいして性能は要求されないが、それでも細かいところで遅いと不満の種になる。しかしレッツノートCore i5 とか Core i3 とか使っているので数年前の中古なら十分使える。そのあたり安心して買えるというのもある。

東芝の安いグレードの中古を買ったらあんまりよくなかった

 さて老母に買ってた CF-MX3、これは難波のジョーシンで売ってる型落ちを買ってきたもので値段も10万程度だったと記憶しているが、マシン自体は好調だったのにキーボードの一部が反応しなくなった。レッツノートでも最近はそういうこともあるのか?とちょっと信仰がゆらぎかけたが、まぁそれはそれとして、老母はフルHD (1920x1080) なのに150%表示にしたりアイコンを大きくしたりしていたので 画素数1366x768でもよさそうに思えた。 次はとにかく画面のデカいのを買うか。ということで、今度はイオシスに行き、条件にあいそうで安そうなものを探したら東芝のちょっといびつな構成の安いグレードのものがあり、それを買ってみた。15.6インチのCeleron マシンだ。

 ところがこれがちょっと失敗だった。画素数が低いのに Windows 10 がフォントにアンチエイリアスをかけてくるのでモザイク状になって字がみづらい。Windows も前はフォントがガタガタで、まぁ汚いといえば汚いが、そのかわりドットがはっきり見えていた。自分としてはその状態の方がきもちよかった。ところが Mac の影響だとおもうんだが、Windows の画面表示もアンチエイリアスで綺麗に見せる方向になんとか向かっていたようで、Windows 10 をインストールしたりするとちょっと油断したスキにアンチエイリアスのボヤボヤした設定にされる。特にこれ自分が使ってないので設定とかまったく凝ってなかったのが失敗だった。

アンチエイリアスに対する反応の二流派

 アンチエイリアスだがこれは画素密度が十分に高いとそのボヤボヤした境界が気にならなくなるのだが、低いとそのボヤボヤした境界のところを目が無理に焦点をあわせようとするので視力がおちてしまう。どうもググってみるとこれに対する反応として、

 の二つの流派があるようだが、うちの家族は後者に属するらしい。字がはっきりしないというので不評だったのだ。たぶんアンチエイリアス派は境界がモザイク状態でボーっとして判然としない状態をそういうものとして許容できるんだろう。これは派閥の違いなので画素密度が高くなって人間の目ではドットのガタガタが認識できなくなるまでは解決しないだろう。

レッツタウンの再生品

 ということでこの機体はあきらめて別の中古を買おうとしたのだが、そこでまたレッツノートを選ぶべく、ネットでいろいろと探した結果、楽天市場のレッツタウンにいきあたった。どうも半分公式のような扱いでレッツノートの中古(再生品)を売っている。なるほどこれはよい。中古屋で中古を買ってもパナソニックのカネにはならないが、レッツタウンならいくらかは儲けになるのではないかという心もある。ということで、いろいろと物色してレッツノート LX4 を選んだ。これ若干安めなのだが、Windows 7 がのっているので安いようだ。今から考えるとサポート切れてから買った方が安かったかもしれんがその場合売ってるかどうかもわからんな。Windows 7 のってれば Windows10 に簡単にできるのでわざわざプレインストールされているものを選ぶ必要もない。


 液晶のランクBを選ぶとさらに安いんだが、さすがに親のためのものでどんなものが来るかわからないのを買うのもあれなのでランクAにしといた。ちなみに届く日は指定しない方が早く着く。これは外観ランクBだったがちょっとひっかき傷があったものの基本的にきれいだった。

 老母からの評価も、これはMX3を使っていたので操作系が似ているというのもあるが、見やすくて使いやすいとのこと。おおむね好評だった。

画面効果の切り方

 ところでデータの移行やHDDからSSDへのきりかえなど一遍にやったのだが、そのときフォントのアンチエイリアスなどの画面効果を簡単に切れる方法があることを知った。Windows 10 ではそれをまとめて「視覚効果」と呼んでいるらしく、コントロールパネルから入っていくと「視覚効果」をまとめてON-OFFできる場所があった。

 もっと早く気付いておれば....

 コントロールパネルからの場所を図示すると以下の通り。

f:id:inudaisho:20191226025320p:plain
視覚効果の切り方

 「パフォーマンスを優先する」を選ぶと全部切れる。ところで自分はエクスプローラの中で写真や画像の中身を表示してくれる方がいいので、あらためて「アイコンの代わりに縮小版を表示する」にチェックをいれた。他にもあったらいい機能はチェックをいれればよい。

 新しく買いなおすまでのことはなかったな...

終わりよければすべてよし

 新しく買うまでのことはなかったがまぁ終わりよければすべてよし。自分の富士通のマシンもその設定にした。全体にジャギジャギでガタガタのフォント表示になったが、目には優しくなった。こんなんで目が楽になるならいくらでもガタガタになればよい。