メモ@inudaisho

君見ずや出版 / 興味次第の調べ物置き場

山国隊

近現代史の学者は偽史に弱いようだ - 大神系図の山国出身伝承 -

淺川道夫・前原康貴『丹波・山国隊 時代祭「維新勤王隊」の由来となった草莽隊』2016 通史部分の独自見解 「本苗大神山国家系図」 竹田聴洲の大神系図論文 奈良の富雄方面では山国出身伝承はまだ生きている 椿井政隆との関係 九州出身説について 山国の由来 …

吉岡拓(𠮷岡拓)の山国隊講演で出た資料の出所

2019 山国隊講演 「三国隊」「条々」「定」 京北の郷土史家 湯口進 講演の根拠となった資料は湯口進の調査で出てきたもの 要領だけいい連中になにか書くだけ無駄 2019 山国隊講演 さて2019年10月にあった山国隊講演を聞いたあと無駄に攻撃的なエントリを書い…

地下官人の近衛府官人(御随身・府随身)は朝廷の忍者?

近衛府官人の出身の謎 京都の水口家は甲賀出身 近衛府官人の三上家は豊臣秀吉の大名中村一氏の子孫 系図のあやしさ これだけでは忍者説には弱い 川上仁一と甲賀隊(甲賀勤皇隊) 「禁裏警衛の村雲流忍術」 近衛府官人(随身)と忍術 甲賀と禁裏警衛 近衛府官人の…

山国隊と地下官人

山国隊の結成動機 水口家は地下官人家 『地下家伝』の整理 水口家は士族になっている 山国と地下官人 山国隊と地下官人 〆 山国隊の結成動機 こないだ吉岡拓の講演を聞いてきたことは書いたが、考証自体は正しいものの、彼は勤王で説明することに汲々として…

ウィングス京都の山国神社から出た地図の展示を見に行った

山国神社で出た地図の展示 講演は山国隊関係 花園大学松田隆行による概説 吉岡拓「山国隊の出征経緯を再考する」 山国隊の読み方 核心部はまとも 説明が雑だから誤解される(20191011追記) どうでもいいオチ (20191011 むかついた勢いでそのまま書いて無駄に…

京都新聞「勤王の村」記事の謎 その4 天キチ吉岡拓

これまでのあらすじ 天キチ吉岡拓 天皇の存在に違和感 逆憲兵吉岡 大原郷士の研究 空中戦坂田と逆憲兵吉岡の悪魔合体 これまでのあらすじ 京都新聞に「勤王の村」という歴史事実を偏って切り出しいたずらに山国を攻撃する謎の連載があったが、それは記者の樺…

京都新聞「勤王の村」記事の謎 その3 『民衆と天皇』

これまでのあらすじ 『民衆と天皇』 研究対象への興味のなさ 空中戦の坂田 「有力百姓」 光秀乱入事件 これまでのあらすじ 京都新聞に「勤王の村」という三回の連載があったが、内容は山国地方の歴史から歴史事実を偏って切り出して攻撃する謎の煽り記事であ…

京都新聞「勤王の村」記事の謎 その2 坂田聡と吉岡拓

ネタ元のふたり 坂田聡 吉岡拓 ネタ元のふたり 「勤王の村」記事が奇怪な論理で山国を攻撃していることは「その1」で書いたが、それは阪大卒の樺山聡記者の一知半解無知無能によるものであろうか? 実はそうではない。樺山聡記者は関東出身で京都の田舎に特…

京都新聞「勤王の村」記事の謎 その1 樺山聡記者

京都の北の山の中の山国 山国の由来 山国の価値 「勤王の村」記事 上 20年の熱意 中 揺らぐ既得権益 下 山国隊の実像 樺山聡 記者 京都の北の山の中の山国 山国の由来 さて家のあたりのことを指して山奥山奥と何回も書いているが、その山奥というのは京都市…