メモ@inudaisho

2017/06/24 はてなダイアリーから引越 / 君見ずや出版

YotaPhone3(Yota3) 発売開始? と YotaPhone4 の計画

 本日2017/9/26、京東(JD.com)で Yota3(Yotaphone3)国礼版が発売開始のはず....だったが、フタを開けてみるとまだ発売されていなかった。

f:id:inudaisho:20170926161449p:plain

 そこにはこう書かれている。

因销售火爆,货源紧张,现开启预售,成功预订的顾客将于10月25日起陆续发货。

 「注文殺到で商品足りないので今は予約だけです。予約に成功したお客様には10月25日から順に発送していきます」

 本当かねぇ?

 (20170930追記 10月25日と書きながらもどんどん発送しているようで、JD.comの商品評価のところにそういう事を書いてる人がいる)

 その一方で今日はハイセンス(海信)の Hisense A2 Pro の発表会があった。こちらは北京の国家図書館でやるということでもう完全に Yota3(YotaPhone3) と販売戦略とかかぶってます。

“读树一帜” 海信双屏手机A2 Pro发布会图文直播 -- 飞象网

 わりと普通に発表会をやってるんですがハイセンスの社員がいっぱいでてきてるのでこっちはちゃんとやるんだなという感じがあります。発売価格は2999元(約5万円)。ということで Yota3 を買いそうな客がかなり取られそうな雰囲気。

YotaPhone4

 それはともかく8月末の情報で見落としてたのがありました。これ。

第四代YotaPhone手机预计将于2018年上市-中俄资讯-东北网

 ロシア向けのニュースとして流されたものらしいんですが、その中でこう言ってたらしい。

我们计划在2018年发售第四代YotaPhone手机。

「2018年には第四世代のYotaPhoneスマホを発売する計画だ」

 YotaPhone4 ですかね。2018年のYotaPhoneというと、こういう記事を既に書いてます。

http://inudaisho.hatenablog.com/entry/23553017/09/10/22inudaisho.hatenablog.com

 まとめますと、重慶市潼南区の先進技術工業団地に Yota(の中国合弁企業) が入って2018年の後半から重慶産の YotaPhone が世界に発売される計画であるということなんですが、この YotaPhone4 の話とあわせると、ここで生産するつもりなのはYOTA3ではなく、次の YotaPhone つまり YotaPhone4? ということになる。

 まーどこまで本当に実現できるのか。来年となると大日本印刷が協力したeInk社の電子ペーパーの高精細化(400ppi,600ppi)が実現するとかいう話なので、それを使うならすごいのがでてくることになる。どうかな?